このブログについて

  • Last Update:

ご挨拶

はじめまして。電子書籍とレビューをメインにした漫画情報ブログ“電漫堂”です。ブログ主もわかりやすく“電漫堂”で統一しているので、どうぞよろしくお願いします。

当ブログは、今のところAmazonのKindleをメインに新刊や無料漫画を紹介しつつ、好きな漫画や興味がある漫画のレビューを掲載していくスタイルのブログです。まずは、便利に使えるというのを最優先に考えています。将来的には違う電子書籍サイトの情報紹介も視野に含めていますが、まずはKindleから始めています。Amazonへのリンクは基本的にアフィリエイトになっており、その収入でサーバー代金等々を維持していく形なので、赤字から早期脱却できるよう努力したいと思う所存です。赤字を脱却できたら、きちんとお知らせします。なお、赤字だのなんだの申しておりますが、1200%ただの個人が趣味と実益を兼ねたくて運営している個人ブログであって、当たり前ですけど企業ではありません。

また、当ブログはどなた様にも迷惑をかけるつもりはなく、まっとうな運営を心がけています。何かお気づきの点や問題があるようでしたら、ご連絡いただければと思います。

ブログの紹介

ブログでやっている事は、Kindleの新刊および完全無料漫画、セールの紹介とレビューがメインです。ツイッターも活用しているので、気になった人はよろしくどうぞ。

新刊情報について

新刊情報は、その日にKindleで配信される(た)漫画のメインどころをいくつか紹介しています。リンクを辿れば表示されるようになっているので、チェックしてみて下さい。

セールについて

私見ですが、Kindleのセールにはアマゾンがみつけやすいように分類分けした“ノード”を生成する場合と、既存のページだけで実施される場合の2種類があると考えています。1つ目の“ノード”を生成する場合のモノは、TOPページにおいてあります。もう一方のセールは1つの記事として紹介していくスタイルなので、セールの記事がアップされたら“TOPのセール以外にもお買い得な何かが発生した”と思ってくだされば幸いです。

無料情報について

AmazonのKindleでは、「期間限定無料」という言葉にいくつかの意味があります。ザックリ分類すると、以下のような内容に分けられると考えています。

  1. 期間限定無料:決められた期間内にDLすればいつでも読める
  2. 期間限定無料:決められた期間内だけ閲覧できる
  3. お試し:2と同様
  4. 分冊:だいたい1~2話しか読めないもの

電漫堂は、“お試し”や“分冊”といったなど完全に一冊読めないような配信スタイルは好んでいません。しかし、よく読まないとどれに該当するのか分かりづらいケースが多々あります。

そのような混乱を起こしたくないことから、基本的に“記事として”扱うのは1のみです。毎日の新刊紹介で、すべてを網羅した“期間限定無料”が入ってしまうのはどうしようもなく回避できないのですが、よほどの意図がない限りは今のところ“期間中に無料で貰えばいつでも読める”モノ以外を紹介する予定はないという事でよろしくお願いします。

レビューについて

レビューにつきましては、ご紹介する漫画のコマをいくつか用いて紹介しています。なるべくコマ数を少なくしつつ(概ね1レビューにつき6カット前後を想定)、引用の要件を満たすように書いているつもりではありますが、各画像の著作権者様(ないし出版社様)より通告を頂いた際はすみやかに画像ないし、レビューを取り下げる対応を致します。諸問題があるようでしたらご一報下さればすぐ対応させていただきますので、なにとぞよろしくお願いします。連絡先はこちら

ニュース

主立ったコンテンツは「新刊・無料漫画紹介」と「セール」「レビュー」の3つですが、それ以外で漫画に関する情報をお知らせしたいというか、広めたいと思った話題はニュースとして取り上げています。雑誌が休刊するとか週刊誌が月刊誌になるとか、そういう話題が該当するモノだと想定しています。ようするに、主立った3つに分類できなさそうな話題が入るカテゴリだと思っていただければ幸いです。

中の人紹介

当ブログは、二人で運営しております。朝起きてから好きなことをやりだすと、気づいたら夜になってたということを度々しでかす二人です。なお、レビューにつきましては、二人でノリと勢いで書きます。

電漫堂A:元々ゲーム関連の編集プロダクションにいた、現在フリーランスのWEB屋さん。ゲームマニアで読書好き。漫画も小説も速読の低速くらいで読みまくる。浅く広い無駄な知識を持っている。犬派。

電漫堂B:WEBとはかけ離れた仕事しかしたことないがPCいじりが大好きなヲタク。子供の頃から漫画とアニメが大好きで大人になっても変わらない。読むのは超低速で感情移入しやすい話が好物。猫派。